トップページ
「AIDSとHIV」をよく知ろう
SaferSex ガイド
STD(性感染症)
コンドームを使おう!
 コンドームを使おう!
 コンドームを使うときの注意点
HIVの検査を受けよう!
検査および相談窓口の情報
コンドームを使おう!

 とにかくHIVの感染予防にはコンドームがいちばん簡単で信頼性の高い手段だ。
 セックスの時には必ずコンドームを使う。その意識と行動が自分と自分のコミュニティーを変えていくんだ。

コンドームの使い方

1.まずパッケージがちゃんとしているか確認しよう。あまり汚れやキズが激しい場合、中もキズついている可能性があるので別なものを使おう。古いコンドームも使わないようにしよう。 Illust
Illust 2.コンドームの表裏をチェックする。先端の突起部分をつまんで空気を出し、ペニスの皮をむいておく。
3.勃起したらコンドームを先端にかぶせる。 Illust
Illust 4.根元の部分までコンドームを徐々におろす。一気にやるとコンドームや陰毛がからまりうまくいかない。根元までうまくかぶさらない時は先端まで少し戻して、再び根元の方にかぶせてみる。それでもダメな時はもう一度、裏表を確認してみる。
5.セックスの時、コンドームが破れていないか時々チェックしてみる。ゆるんで抜けたりしないように根元の方向に時々押さえる。 Illust
Illust 6.使い終わったら精液がこぼれないように注意してはずす。ティッシュにくるんで、ごみばこに捨てよう。

↑Topへ


コンドームを使う時の注意点

Illust コンドームは油性の潤滑剤に弱く破れやすくなる。ベビーオイルや手肌用のクリーム、ローション、バターなどは使わない。必ずゲイショップや薬局で入手できる水性の潤滑剤を使おう。

・潤滑剤はなるべくたっぷりと使う。そのことではずれを防止し、快感も高めてくれる。

・潤滑剤を内側にほんの少し入れたり、コンドームをかぶせる前に自分のペニスに塗ることは快感を高めてくれる。ただし塗り過ぎると逆にはずれやすくなるので注意しよう。

・もし裏表をまちがってかぶせた場合、裏返して使用してはいけない。こっちの先走りの付いた方を相手に向けることになるからだ。ムダだと思わず新しいものを使おう。

・同様に、いつも新しいものを使うこと。一度に複数の相手とする場合には相手ごとにコンドームも変えること。

・より安全だと思って二重にはかぶせないこと。ゴムどうしの摩擦でかえって破れやすくなる。

Illust

安全で安心なセックスを

 自分の行くハッテン場ではコンドームを使わない人が多い、パートナーが使いたがらない、などの理由でコンドームを使わないのは、危険なことだ。もし周りに使っている人がいないなら、君から使い始めよう。セイファーセックスは自分にも相手にもやさしいセックスだ。何より安心感からセックスを心から楽しめる。コンドームを使うと印象が良くなる、知的に感じるなど好意的にみるゲイは増えている。楽しみながらセイファーセックスを始めてみよう!

↑Topへ


 このページは、冊子【僕らのとなりの「HIV」 もっと、ちゃんと、知っておこう「AIDSとHIV」。】(1999年12月発行)に掲載されたものです。
 
このページに使用されているイラスト、及び文章等の無断転載を禁じます。
このページの管理者への連絡先:(代表) occur@kt.rim.or.jp(メールの題名に「STDページ係」と必ず明記して下さい)
(注)このwebでは、e-mailでの相談は受け付けていません。ご相談がある方は、「もっと詳しく知りたい〜各種情報・相談窓口の情報〜」に、相談機関を紹介していますので、そちらをご活用下さい。
発行ウェブ版制作・運営
 動くゲイとレズビアンの会(アカー)
 AIDSケア・プロジェクト
 ぷれいす東京 Gay friends for AIDS
コピー 福島光生
イラスト 越後屋辰之進
(冊子版)デザイン 冬陽
(Web)デザイン A.Koba
編集協力 長谷川博史