www.occur.or.jpゲイのためのSTD(性感染症)のページ
 TOP > STD情報ページ > 病名からみる性感染症 > 性器ヘルペス
サイト全文検索
性感染症とは
病名からみる編
 ├エイズ/HIV感染症
 ├A型肝炎
 ├B型肝炎
 ├C型肝炎
 ├梅毒
 ├淋病
 ├クラミジア
 ├性器ヘルペス
 ├尖圭コンジローマ
 ├毛じらみ
 ├疥癬
 └アメーバ赤痢
症状からみる編
行為からみる編
キモチからみる編
検査・クリニック情報
A肝/B肝ワクチン

STD情報アンケートのお願い

30秒で身近に役立つSTD&SaferSex情報

LifeGuard
LIFEGUARD は、この秋・冬に開催されるセイファーセックスのイベント。みんながいまズバリ知りたいこと、これからのエッチに自信がつくような話題、困ったときに役立つかわし方などを、たっぷり提供します!

みんなのゲイライフをサポートするSTD情報ライン〜電話番号0120-783-083性器ヘルペス

 薬で症状を抑えることができますので、早めに診察を受けましょう。再発があることも特徴ですが、再発の場合は症状がひどくならずにすみます。

●性器ヘルペスの症状は?

 感染してから2〜10日くらいで比較的急激に口の中、唇、ペニス(包皮、サオ、亀頭など)、アナルの周囲に不快感やかゆみを感じ、軽い刺激感をともなって赤くなります。小さな水ぶくれが1,2個あるいは群がって現れ、やがてかさぶたができて治っていきます。

●症状がないこともあるの?

 原因となるウイルスに感染しても症状が出ない場合が多い(約80%)のですが、ウイルスは感染後は神経に潜んでいて、何かのきっかけ(ストレスや過労での体力の低下)で活動を始めると症状が現れます。

●どのようなセックスで感染するの? 感染予防の方法は?

 口の中、唇、ペニス(包皮、サオ、亀頭など)、アナルの周囲や中に水ぶくれが出来るので、コンドームを使用しないアナルセックス、フェラチオ、ペニスからペニスへというように、できものとの直接的な接触により感染する可能性があります。アナルセックスやフェラチオでコンドームを使用することによりある程度予防できます。水ぶくれなどのできものがある場合、直接触れないようにしましょう。

●どんな治療で、どのくらいの期間で治りますか?

 症状が出ているときに活動しているウイルスは、抗ウイルス剤によって抑えます。その他、症状に応じて鎮痛薬、抗生物質などで処置します。初めての感染では4週間、再感染の場合は1週間から10日間で自然に治ります。治療をきちんとすればさらに早く症状がおさまります。

●症状がない時はセックスしても他人に感染させないの?

 (1) 症状がある場合、水ぶくれや、それが破れた部分、ただれた部分が主な感染源となります。症状ができている場所がペニスやアナル以外の可能性もあるので、ヘルペスのある時はセックスは避けたほうがいいでしょう。
 (2) 症状がない場合でも、ヘルペスが完全に治るまでは、口の中や尿道にウイルスが出てくることがあり、完全に可能性は否定できません。

●現在治療中ですが、いつからセックスできますか?

 患部がしめっていたり、分泌液が出たりなどの症状がでている時は感染しやすい状態ですが、治療終了後の症状がない状態であれば、患部だった部分から相手に感染させる心配はあまりなくなり、ヘルペスが完全に治ってしまえばセックスすることでうつす心配はなくなります。

●再発しますか?

 男性の50〜80%が3ヶ月以内に再発するといわれています。しかし、再発の場合は初めて感染したときより症状が軽く、水ぶくれが1,2個か数個できる程度で、1週間以内に治ることが多いようです。再発の場合も、症状が出て10日ぐらいはウイルスが出ているのでセックスは避けたほうがいいようです。

●関係する診療科目は?

 内科、皮膚科です。

(注)このwebでは、e-mailでの相談は受け付けていません。 ご相談がある方は、NPO法人アカー(OCCUR)統合 「ヘルプ・ライン・サービス」(03-3380-2269)へお電話ください。

      なお、同性愛者でない方の相談はお受けしていません。

このページに使用されている情報の無断転載を禁じます。

運営:NPO法人アカ−(OCCUR)
Tel 03-3383-5556
Fax 03-3229-7880
E-mail:occur@kt.rim.or.jp