www.occur.or.jpゲイのためのSTD(性感染症)のページ
 TOP > STD情報ページ > 性感染症とは(詳細)
サイト全文検索
性感染症とは
 └性感染症とは(詳細)
病名からみる編
症状からみる編
行為からみる編
キモチからみる編
検査・クリニック情報
A肝/B肝ワクチン

STD情報アンケートのお願い

30秒で身近に役立つSTD&SaferSex情報

LifeGuard
LIFEGUARD は、この秋・冬に開催されるセイファーセックスのイベント。みんながいまズバリ知りたいこと、これからのエッチに自信がつくような話題、困ったときに役立つかわし方などを、たっぷり提供します!

みんなのゲイライフをサポートするSTD情報ライン〜電話番号0120-783-083▼STD(性感染症)のこと覚えておこう!

●STD(性感染症)のためのセイファーセックスは、
 こうしよう!

●STD(性感染症)は、HIVを含めて主なものだけでも、10種類以上あるって知ってるかな?大きくは、治すのに根気がいるものと1〜2週間で治るものに分けられます。全部は覚えられないので、感染ルートの違いや普段の生活にどのくらい影響を受けるかの違いで特徴をつかんでおくと便利です。
●知らずにすごすと生活に影響が大きいC型肝炎は、「アナル・セックスの時のコンドーム使用」でほぼ防ぐことができます。アナル・セックスの時はコンドーム使用が必要となることはHIVと変わりません。
●フェラチオでコンドームを使うべきかどうか、迷う人も多いでしょう。使わない場合、治すのに多少根気がいるSTD(B型肝炎梅毒性器ヘルペス…)を完全には防ぐことは難しくなります。
B型肝炎については、数ヶ月間生活に影響を受ける場合もあります。セックス大好きで楽しみたいけど心配って人は、前もってB型肝炎のワクチン接種という方法があるので、詳しくは★A型肝炎・B型肝炎のワクチン予防情報へ。
梅毒性器ヘルペスは、ペニスなどにタダレや炎症があれば、触れるのを避けることです。しかし、セックスはいろんなことを同時にするので、気づかずに触れるってこともあるでしょう。万全を期すなら、フェラチオでもコンドームを使うと、より安心です。
●この他でも、「うんち」にいる病原体が口から入って感染するSTDにA型肝炎アメーバ赤痢があることも知っておきましょう。
●すぐ治るものは、かかった時に早く発見できるよう症状を知っておくと便利です。

▼STD(性感染症)とは?

●セックスと一緒に考えたいこと

 ゲイの間でHIV感染が増えています。HIV(エイズのウイルス)感染はセックスで感染する病気の1つです。セックスで感染する他のSTD(性感染症)は梅毒(ばいどく)B型肝炎淋病(りんびょう)クラミジアなどがあります。セックスをしなくてもバスタオルや布団を媒介に感染するものに毛じらみ疥癬(かいせん)などがあります。

●STDは身近なもの

 私たちゲイのライフスタイルの中で、身近なところにこれらのSTDはあります。自分が過去にかかったSTDと今持っているSTDを正しく知って、まだ感染していないSTDを予防することが大切です。ゲイの間で最近どんなものが身近になっているのかも知っておきたいですね。

●すぐ治るものから、一生付き合うものまで

 ものによってはすぐ治るものもあれば、根気強く治す必要のあるもの、一生付き合うことになるものもありますが、HIVは病気の進行を遅らせる薬は出てきているものの、完治する薬がないため、私たちゲイの中でも最も大きな健康問題の1つになっています。

●カゼをひいた時の健康管理の発想で!

 季節になれば、うがいや手洗いをして、かぜをひかないよう心がけるもの。STDも基本は同じ。やり方はちょっと違うけど、「こうしたら予防できるかな?」「こうしたらカゼをひいちゃうな?、悪化しちゃうな?」というふうに体をいたわるのと一緒のことで、セックスするときに体を気づかったやり方をすることが「セイファーセックス」です。
だからぜひ、あなたもあなた自身の健康管理としてセイファーセックスについて考えてみましょう。
 ※STD(Sexualy Transmitted Diseases)
 ※HIV(Human Immunodeficiency Virus)

▼セイファーセックスとは?

 セイファーセックスは、HIVやSTDに絶対感染しない/させない方法ではありません。病気を正しく知れば、おおよそ感染の可能性のある行為は判ります。ある行為にリスクがあったとしても、少しずつ工夫することでかなりリスクを下げることができます。いろんな知恵や工夫をしたり、もっと楽しく、エロチックにしたりすることもできます。より感染のリスクを下げ、より安全に近づけるセックスがセイファーセックスです。

▼このSTD情報ページで考えているセイファーセックス
 とは?

●飲みすぎたら2日酔い?

 STDにかかる可能性を知った上で、どの行為まで行うのかは、むずかしいところです。かぜの場合も、「今日夜更かししたら確実に明日はアウトだ!けど、いいや」ということもありますよね。または「これ以上深酒したら明日は確実に頭ガンガン。でも、いいや」ということもあります。尿道炎に一度なって懲りたという人もいれば、尿道炎なら1週間程度で治るので、もしなってもいいから楽しむという人もいます。要は日常生活への影響をどうコントロールするかということでしょうか。

●知ってても、つい……っね!

 また、どこで、どんなセックスをするのか?セックスをしたい気持ちがあれば、衝動的になる場面もあります。相手が超タイプだったり、その場の雰囲気にまどわされたりなど、セイファーセックスを忘れる要因を知ることも、大切かもしれません。自分が流れに身をまかせてしまいがちなパターンを知っておくこともタメになります。また長い付き合いでも、一回限りでも、相手との立場の違いなどによる力関係によってもセックスの内容が大きく左右されることもあります。このSTD情報ページではそんな関係づくりや、自分の「弱さ」をあらかじめ考えることもセイファーセックスの問題として取り上げています。

(注)このwebでは、e-mailでの相談は受け付けていません。 ご相談がある方は、NPO法人アカー(OCCUR)統合 「ヘルプ・ライン・サービス」(03-3380-2269)へお電話ください。

      なお、同性愛者でない方の相談はお受けしていません。

このページに使用されている情報の無断転載を禁じます。

運営:NPO法人アカ−(OCCUR)
Tel 03-3383-5556
Fax 03-3229-7880
E-mail:occur@kt.rim.or.jp