www.occur.or.jpゲイのためのSTD(性感染症)のページ
 TOP > STD情報ページ > キモチからみる性感染症
サイト全文検索
性感染症とは
病名からみる編
症状からみる編
行為からみる編
キモチからみる編
 ├セイファーセックス編
 └病院編
検査・クリニック情報
A肝/B肝ワクチン

STD情報アンケートのお願い

30秒で身近に役立つSTD&SaferSex情報

LifeGuard
LIFEGUARD は、この秋・冬に開催されるセイファーセックスのイベント。みんながいまズバリ知りたいこと、これからのエッチに自信がつくような話題、困ったときに役立つかわし方などを、たっぷり提供します!

ゲイの心理のアニメーション▼キモチからみる性感染症

 STDを予防するためのセイファーセックスや、STDにかかった後の治療や病院選びなど、どれも大切だけどためらいがあるとか、ほかの人はどう思っているのかわからない、自分ではわかっているけどなかなかうまくいかない、なんて体験談を多く聞きます。ここでは、そんな経験談をもとに、「気持ち」や「コミュニケーション」、「心の準備」などについて参考までにQ&Aでまとめてみました。「僕の場合はこんなふうにやったらうまくいったよ!」なんて体験談もどんどん増えてくるといいね。

みんなのゲイライフをサポートするSTD情報ライン〜電話番号0120-783-083●セイファーセックス、どうやったらうまくできる
 かな?

 セイファーセックスって聞いたことあるよね?でも、よく聞くのは、「わかっているけど、つい成りゆきでリスクのあるセックスをやっちゃった」という声。詳しく聞いてみると、みんな同じ悩みを持っているんだなってことに気づきます。だったら、きみの相手も似たようなことを考えているかも…。勇気をもってちょっと工夫して話し掛けてみたら、今までよりもうまくいくかもしれないよ。

Q:「コンドーム、相手が持っていれば使うけど、自分では持ち歩かないんだよねー」
 いつセックスすることになるかわからないなら、相手まかせじゃなくて普段からコンドームを持ち歩くようにしよう。デートや出会いのありそうなときならなおさらだ。ヤリ部屋で一発抜きに行こうって時は、お店にコンドームを備えてあるかどうか、情報をゲットしておこう。せっかくイケメンゲット!ってときに、「ゴムどこいったっけ?」なんてその場を離れるのも間が抜けちゃうし、めんどくさいからゴムなしでいいやってことにもなりかねない。店内でも、使いやすい所に置いてあるかどうか確認しておいて、もしないなら、あらかじめ自分流の携帯グッズを準備して行こう。携帯グッズって?タバコ入れや、スキー/アウトドア用の小銭入れ、アームバンドなんかがコンパクトで便利かも。

Q:サウナやヤリ部屋って真っ暗で人も多いから、ワケわかんないうちに始まっちゃったりして・・・セイファーセックスなんてできるかな?」
 どんな場所で出会うか、セックスするかは、お互いのノリにも影響してくる。ハッテン場、文通欄、メール、チャット、サークル…。自分がリードしやすい出会いの場を利用することで、セイファーセックスも言い出しやすくなるんじゃないかな?

Q:「ハッテン場で知り合ってもどうせ続かないし、セイファーセックスもやりにくい…」
 「ハッテン場で知り合った人とは続かない」って言う人いるよね?ヤルことだけが目的で来ている人ばかりだからとか、暗がりの中で一時的にイケルと思っても実は違ってたとか、付き合いだしてもどうせまたハッテン場通いするんじゃないかとか・・・。でも、本当にそうかな?お互いにそう思い込んでいたら、会話もせずにきっかけも生まれないでサヨナラするだろうけど、きっかけがあれば、長続きする出会いも生まれるかも。実際、『一番長続きした彼氏はヤリ部屋で見つけたよ』ってヤツいるしね。『セックスが合うかどうかわかっちゃうから、付き合い出したら意外と続くよ』との意見も。カラダ専やセックスの相性が絶対大事!!って人は、ハッテン場で相手を見つけるってこともあるかもね。長続きするかどうかは出会いの場というよりも、出会った後の互いの気持ちじゃないかな?
 セイファーセックスはどうかというと、やりたいことはやりたい、嫌なことは嫌とキッパリ伝えられる人なら、ハッテン場でもちゃんとできるんじゃないかな? その自信がないなら、初対面の人が多いハッテン場は向いていないかも。とりあえず、やるのはここまで!って自分なりのラインを引いていればマイペースを崩さずにいれるかもしれないね。その上で知り合った人なら、出会いのきっかけはどこでも後は同じ。コミュニケーションを大切にすれば、セイファーセックスをちゃんとしようとしてるキミへの印象アップは間違いなし!?

Q:「セックスの相手との会話って結構苦手…」
 何かセックスでチャレンジしてみたいことがある場合は、こんなことを話し合ってみたら楽しいかも。そんな中で、コンドーム使うのはどう感じるかなど、一緒に聞いてみるとセイファーセックスについて話すきっかけになるのでは?
 (1) ハグする(ギュっと野郎っぽく?ソフトに耳元でささやきながら?)、キスする(ロマンティックに?エロくグチョグチョに?)、互いに気持ち良いところを聞いてなでる(腰?ケツ?太モモ?脇?耳?)、乳首を攻める(手で?ベロで?やさしく?噛む?吸う?)、フェラチオ(先っちょ?さお?タマタマ?)など、どんなセックスが好きなのかについて。
 (2) アナルウケはだめ、くすぐりはイヤなど苦手は何かってこと。
 (3) これ以上はダメという合図を言葉以外に決めておく(右手首をギュっと握る、胸を押し返すなど)。
 (4) 好きなコスチューム(制服、ラグパン、競パン、タンクトップなど)をお互いに話して、ムードを盛り上げる。

 セックスする中で、どんなことで感じて、どんなことがイマイチ好きじゃなかったかを互いにしゃべって、もっとしてほしこと、してほしくないことを話すと、次はもっと気持ちよくなるんじゃないかな。もし伝えなければ嫌なことをされるかもしれないし、「あんなことしなければよかった」って後味悪い思いが残るかもしれないよ。
「キスしたい、してもいいかな?(やさしく)」
「エログロなことしゃべらないとペニスしごくのやめるぞ!何がしてほしいんだ?(野郎風に)」
 こんなふうに、セックスの時にしゃべることは「ノリが悪くなる」と感じる人もいるかもしれない。そういう人は、「言葉なんてなくても、触れ合うだけで互いのことがわかる完璧な恋人どうし!」という理想のイメージを持っているのかもしれないね。これは実際できれば素晴らしいけれど、ひとりでに起こるなんてことはまれじゃないかな。だから、ちょっと勇気を出して、何をしたい、何は嫌だなってことを伝えて、互いに「ああ、そうなんだ!じゃあ、こうしてやろう!」って、より親近感をもつようになるかもしれないね。 だから、相手が何か希望を言ったら、「注文の多いヤツ!」なんて思わずに、自分のほうも負けずに気持ちをぶつけてみたらどうかな?

Q:「好みのタイプで遊んでなさそうだと、ついつい大丈夫かなっていう気がして…」
 まじめそう、若くて経験が少なそう、超タイプ…なんていう相手の印象によって、セイファーセックスをしなかったということはないかな?相手がセイファーセックスを普段からしているかどうかが大切なことだから、「遊び人みたいだから」とかいう印象で相手を判断するのも意味がないよね。

Q:「気になっている人がいるけど、病気のことが心配でセックスするのが怖い・・・」「セックスの途中で、ガタイいいヤツだったけど、ゴムなしアナルやりたがるから、途中で帰ってきた。」
 アナルセックスはいいんだけど、コンドームとかって口に出すのもなんだしとか思って、結局やめて帰っちゃったということあるかな?「やめる」のは相手に対して失礼とか、自分だけ気持ちいいことしてもらった後だから気が引けるとかいう人もいるけど、はっきり「ゴムなしはやらない!」っていうのも大事だね。それで相手が納得しないならセックスをやめるもの大切な方法かも。でも、多くの人は、はっきり伝えたらかえってキミに好感を持つんじゃないかな。そういう時のために、コンドームとゼリーを持ち歩いておいて、即座に自分からかぶせてしまおう!

Q:「ハッテン場では、話をしようって雰囲気じゃないから何考えているかわからない」
 ヤリ部屋とかって、大きな音で音楽がかかっていたり、「大声でのおしゃべり厳禁」だったり、ちょっと話しづらいところがあるかも。だから、ヤル前のおしゃべりってしにくいかもしれないけど、一発ヤッてもまだいいムードだったら「よく来るの?」とか、さりげなく耳元で話しかけてみよう。嫌がらずに応えてくれたら、それからがチャンス到来!実は相手もなんとなく話したいなーとか、ヤルだけじゃ退屈だなとか、キミの事気に入ったからもっと知りたい、とか思っていたかも。ヤルだけヤッたらさっさと帰りたい時もあるかもしれないけど、ちょっとまったりしていたいとか、話がしたいとか、連絡先を聞きたいって時もあるんじゃないかな?
 そして、おおげさな気持ちじゃなくても「ありがとう、気持ちよかったよ!」って伝えるだけでも、お互いきっと暖かい気持ちになれること間違いなし!これってみんなのマナーにしたいよね。そんな一言から会話が生まれるかも。「家遠いの?」「一人暮らし?」「カレシいるの?」「付き合ったことは?」「いつもはどんなとこ行くの?」「どんなのがタイプ?」「どんなのが一番感じる?」「コンドームとか付けるの?」「病気とか心配じゃない?」等など。ここまで話せれば、セイファーセックスについて話すのも、もう簡単だよね?きっと。

●STDが気になるけど、病院でドクターに男どうしのセックスに関係が
 あるかどうかを聞きづらい…

 本当は身近に行ける病院があればいいのだけれど、セックスのことを訊ねられたり変に勘ぐられたりするのが嫌で、病院には行きづらいひとも多いようです。以下によくあるケースと対処方法を載せておきます。参考にしてみてください。

Q:STDで受診するとゲイであることが医者や看護婦にばれるのではないかと心配。
確かにアナルなど、症状の現れる場所によっては、男性どうしのセックスで感染したと思われる場合もあるかもしれません。そういう場合は、ゲイフレンドリーな病院をあらかじめ探すといいでしょう。ただし、そんなに数は多くないので、現状では限られてしまいますが…。

Q:病院でドクターに、セックスの相手が男性であると言わなかったので、誤診されているのではと不安なんだけど…。
いつから、どのような、どの程度、などと症状をきちんと説明すれば大抵はきちんと検査してくれると思いますが、内容によりけりなので、聞きそびれた場合、まずは電話相談にかけてみよう。NPO法人アカー(OCCUR)STD情報ライン(0120-783-083)。

Q:いつからセックスしていいのか病院で聞きそびれたんだけど。
とっさに聞きにくいことはついつい聞きそびれてしまいがち。あらかじめ聞きたいことをメモして、これだけは聞きたい、ということを準備しておこう。その時にセックスの相手のことを話す必要があるかどうか考えておくとあわてずに話せるかもしれません。

Q:性病科というと、何だか行きにくいし、家族と一緒の健康保険なので親にバレそうでいや
性病科を掲げる病院もあるけれど、行きにくいなら皮膚科、泌尿器科、内科等へ。どの診療科の病院に行ったらいいか分からない場合は、★STD別の診療科の選び方へ

(注)このwebでは、e-mailでの相談は受け付けていません。 ご相談がある方は、NPO法人アカー(OCCUR)統合 「ヘルプ・ライン・サービス」(03-3380-2269)へお電話ください。

      なお、同性愛者でない方の相談はお受けしていません。

このページに使用されている情報の無断転載を禁じます。

運営:NPO法人アカ−(OCCUR)
Tel 03-3383-5556
Fax 03-3229-7880
E-mail:occur@kt.rim.or.jp