since 1986

Yahoo!基金「新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援助成プログラム」から助成いただきました

Yahoo!基金「新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援助成プログラム」から助成いただきました

この度、Yahoo!基金から 表題プログラムに関して、助成をいただくことが決定しました。
プログラムでは、「(仮)ゲイ・バイセクシュアル男性向け 性感染症(STD)・新型コロナ情報ウェブサイト」を作成いたします。

現在、新型コロナウイルス感染症対策としての社会活動の自粛に伴い、他者との接触機会の減少が求められています。

特に私たち性的少数者は、一人暮らしや未成年、実家に住んでいる方も多く、自分が当時者であることを家族などの身近な人に言えずに、自粛に伴う閉鎖的な人間関係の中で、これまで以上に心理・社会的に孤立しやすい状況におかれています。

新型コロナウイルスの情報は様々な機関や媒体で発信されていますが、当会では、本プログラムの助成を受け、ゲイ・バイセクシュアル男性向けに新型コロナウイルスの予防対策を発信するウェブサイトを作成します。

サイトでは、性感染症(STD)の情報と併せて発信することで、一人でも多くの当事者の感染防止を目指します。

温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。

2020年10月中旬に完成予定です。どうぞお楽しみに!

※今後、作成状況を随時紹介して参ります。

 

2020年10月1日更新

現在作成中のウェブサイトですが、一部内容をご紹介します。

~コロナ時代のゲイライフ(日常生活、仕事、友達・出会い、セックス)について~

新型コロナウイルスの感染拡大で生活様式が一変し、私たちLGBTの生活も大きく変化しました。
コロナ以前なら、バーに飲みに行く、出会い系アプリで出会いを探す、イベントやサークルに参加する、恋人や友達と旅行に行く、ジムで身体作りに励む、等々、密な環境が生活の身近にありました。しかし、コロナの感染拡大に伴い、3密を回避しなければいけなくなり、今までのような生活ができなくなってしまいました。
そこで、3密を回避しつつ、充実した生活も過ごせるような、コロナ時代のゲイライフを、「日常生活編」、「仕事編」、「友達・出会い編」、「セックス編」の4つの観点で紹介します。

※続きは完成したサイトでご紹介します。どうぞお楽しみに!